交通事故時の対応

一家に一台は車があっておかしくない社会ですが車を運転する人、あるいは自分で運転しなくても、よく配偶者や家族、そしてその他、友人などの車に乗る機会の多い人は、自分がいつ何時、交通事故に遭ってもおかしくない、ということを認識しておく必要があります。


特に、事故に遭うかもしれない、と警戒してはいない時に限って事故は起こるもの。
そのため、いつも交通事故に関しては意識を高くしておく必要があるのです。


事故が起きて幸いにして命が助かり、また深刻な怪我を負わなければまずは御の字ですが、事故はそれで終わりではありません。
怪我が軽かったとしても、事故後の対応の良し悪しでその後の人生や生活を大きく分けるかもしれないのです。


では、交通事故に対応する際には、どのようなことに気をつけるべきでしょうか? 交通事故に遭ったのち、特に大切なのが金銭的に損をしないことです。
示談や保険金の受け取りなどに関しては、交渉のしかたがその金額を大きく分けてしまうのです。


保険会社は親切にあなたに対応をしてくれますが、彼らは基本的に「普段、いかに保険料を多くとり、また事故が起きた時に保険料をいかに抑えるか」ということに心血を注いでいます。


そのため彼らを完全な味方だと思ってしまうと、本来もらえるはずの保険金が低額に抑えられてしまう、ということだって起こるのです。


そして警察にも同じことがいえます。
警察は、悪質な違法行為を事故の当事者の一方がしていた、というのでない限りは全くの中立を貫き、あなたの保険金が上がるように協力してくれるわけではないのです。


<管理人推奨リンク>
交通事故時の対応について弁護士が無料で相談に乗ってくれるサイトです → 交通事故 弁護士

Copyright © 2014 交通事故の諸事情 All Rights Reserved.